保険料の相場とは

「自分の保険料は、他の人とくらべてどうだろう?」「自分の保険料は人より高くないだろうか?」実際に、他人の保険料と自分の保険料の違い、気になる人は多いのではないでしょうか。

 

ところで、保険料の相場はいったいいくらなのでしょう?「世帯年間払い込み保険料」の年齢別平均データを以下にまとめました。(生命保険文化センター「平成21年度 生命保険に関する全国実態調査」より)こちらで、自分のご家庭の保険料と平均を比べることができます。

 

「年齢別世帯年間払い込み保険料」(個人年金を含む)

 

29歳以下… 31.7万円
30〜34歳… 33.1万
35〜39歳… 37.0万
40〜44歳… 46.9万
45〜49歳… 51.3万
50〜54歳… 47.6万
55〜59歳… 55.1万
60〜65歳… 48.2万
65〜70歳… 42.1万
70歳以上… 43.3万

 

(生命保険文化センター 
「平成21年度 生命保険に関する全国実態調査」より

 

以上が「年齢別世帯年間払い込み保険料」の平均データです。

 

 

こちら年齢による平均データは参考程度に考えておいていいでしょう。というのも、「35歳男性なら、これくらいの額が当たり前」といったセールストークで契約したけど、実際に払い続けるのが困難で止めてしまった…。という方も多くいるからです。

 

 

年齢よりも収入で判断しよう

保険料のめやすで大切なのが「年齢」よりも「収入」です。入ってくるお金以上の金額は保険料に払えないわけですから、手取り収入をもととした判断は、保険料決定の大きなものさしになると思います。収入をもとにした判断はとても大切な保険料決定のものさしになると思います。

 

 

年収別世帯年間払い込み保険料

 

200万以下…  39.5万
200〜300万…  36.4万
300〜400万…  41.4万
400〜500…   47.1万
500〜600万…  50.1万
600〜700万…  51.9万
700〜1000万… 53.8万
1000万以上…  61.9万

 

(生命保険文化センター 
「平成21年度 生命保険に関する全国実態調査」より

 

以上が、「年収別世帯年間払い込み保険料」の平均データです。

 

保険料は、手取りの10%以下に!

『「保険に入ろうかな」と思ったときにまず読む本』の著者の竹下さくらさんによると「月払保険料は、”手取り収入の5〜10%”が限度である」といっています。これは、掛け捨ての保険料のみ。年金保険や学資保険といった貯蓄目的の保険については入れないで、です。

 

月払い保険料は、”手取りの10%を超えない”のがポイントですね。手取りが25万円ならば、2.5万円以下に掛け捨ての保険料を抑えた方がいいということです。この額を超えてしまうと家計が苦しくなってしまうからが理由です。

 

あなたの毎月の保険料、毎月の貯蓄額より多く払っていませんか?毎月の貯蓄額が月払いの保険料より少なくなっている場合は、今すぐ保険料の見直しを検討しましょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険のキホン > 保険料の相場とは
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析