保険に加入するベストタイミング

「保険に入るのはいつがいいのか」悩んでいる人はいませんか? 現実に同じ価値でありながら、高い保険料を払う人もいれば、保険料を安く抑えられている人もいます。それは、やはり、保険の加入方法にコツがあるようです。

 

できるだけ若い頃に加入しておこう!

保険加入のベストタイミングは、「できるだけ若いとき」です。一日でも早く加入することが、保険料を安く保つポイントになってきます。

 

たとえば、≪終身保険≫に入っている男性が65歳まで払う保険料1000万円のケースだと、25歳であれば13800円の月額保険料で済むところ、35歳では25歳の約1.5倍の保険料を払わなくてはなりません。45歳ともなると32300円になってしまいます。55歳では、25歳の4.7倍の66000円になってしまいます。

 

とはいっても年齢が上にいくほど、保険料を払う期間が短くなります。55歳の場合は、そのため、合計保険料で計算すると1.2倍くらいしか差ほど違いません。ですが、月払いの保険金額が大きくなるのはやはり家計に負担がかかりますよね。それに若くして加入していれば、保険期間も長くできるというメリットがあるのでおススメですね。

 

健康なときに加入しておこう!

私たちは普段、健康なときには生命保険や医療保険の重要さをさほど感じないですよね。でも、病気になった、ケガをした、身内を亡くした、というアクシデントに見舞われたとき「あの時、保険に加入しておけば良かった…」としみじみ後悔するものです。
健康でない場合は、保険への加入を断られるか、軽い不健康状態であれば条件がついたり、特別保険料を課されたりするのでとても厄介です。生命保険という存在を意識するのは、健康の危険や限界を感じるときです。しかし、病気になってからでは加入できません。その時からの加入では遅いのです。

 

保険加入へのベストタイミングは、病気にかかる前の健康な時です。保険に入るなら何も健康に心配がないときの加入を心懸けましょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険のキホン > 保険に加入するベストタイミング
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析