保険料の支払い困難になったら

生命保険は長い期間、支払いを続けなければなりません。でも、途中で支払いが困難になるケースもあるでしょう。こんなとき、真っ先に考えるのが、「保険の解約」です。しかし、すぐに解約という手段をとってはいけません。今までの払い込みがすべて損になってしまうからです。

 

そこで、以後の保険料の支払いは不要だけど保険を続けることができる方法をご紹介したいと思います。それが「払済保険」と「延長保険」です。

 

 

「払済保険」(はらいずみほけん)

「払済保険」とは、これまで貯めてきたお金(解約返戻金)をもとに、保険期間を変えることなく、変更前と同じ種類の保険に変更するものです。保険金額は下がります。

 

その時点での解約金を一時払い保険料として契約時点にさかのぼって同じ種類の保険に加入するので、契約時の予測利率は変わらないでしょう。解約返戻金が必要なので、おもに養老保険や終身保険が対象になります。

 

@養老保険の場合

保険料の払い込みがなくなるかわりに保険金額が下がり、満期になったら満期保険金を受け取れます。

 

A終身保険の場合

保険料の払い込みがなくなるかわりに保険金額が下がり、その金額が一生涯の保険金額になります。
また、保険料の支払いが無くても解約返戻金は時間の経過と共に増えていきます。

 

 

すぐに解約して解約返戻金よりも、払済にしておけば、それだけ保障が続き、時間が経ってから満期金(または解約返戻金)を受け取った方が受け取り金額は大きくなります。注意点としては、特約でついていた医療保険などは消滅してしまうところでしょう。

 

「延長保険」(えんちょうほけん)

延長保険とは、加入中の生命保険の保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の保険金と同額の定期保険に変更することです。保障期間は元の契約よりも短くなります。払込保険と同じように、延長保険への変更後は、今まで付いていた特約はなくなります。延長保険は、保険料は払えないけど、短い期間でも同じ保険金額を確保したいという方におススメです。

 

 

保険を見直すにしても、その他いくつかの方法があります。ただ解約するだけがすべてではない、選択枠はいくつかあるということを覚えておきましょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険のキホン > 保険料の支払い困難になったら
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析