保険会社の破綻、その時どうする?

契約している保険会社が破綻した場合、どうしたらいいでしょう?契約は「解約」した方がいいのか、それとも「継続」した方がいいのか、迷ってしまいますよね。

 

結論からいえば、加入保険会社が破綻しても「解約」せずにそのまま「継続」した方がいいでしょう。

 

「えっ、会社が潰れているのに継続していて大丈夫なの?」と不思議に思うかもしれません。しかし、すぐに解約せずにそのまま継続していった方がいいと考えられます。

 

破綻したあとの方が意外と安心?

破綻あとは、運用の利回りが予定利息を下回る「逆さや」の問題もなくなります。なので、破綻と聞いてすぐに解約するのでは、契約者が大損するだけです。

 

破綻した時点で、これ以上に内容が悪化する可能性がないからです。予定利率を下げて不良債権もほぼ処理済み、そして経営陣は一新されています。

 

 

それに、保険に新規加入しても年齢が上がっているので、保険料の負担はかなり大きくなることは予想されますし、健康診断で無条件で加入できるとは限りません。したがって、そのまま継続し、その保険会社の健全化による配当金に期待するしかないです。

 

 

とはいっても、支払う保険料の累計と解約返戻金を比較して、冷静な判断が必要になるというのは間違いないようです。

 

復元能力を見極めるには、財政や経営状態が書かれている財務諸表や、その生命保険の営業活動に関心を持つことも忘れないようにしたいものです。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険会社の選び方 > 保険会社の破綻、その時どうする?
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析