生命保険の種類(2)

「生命保険の種類(1)」では、「終身保険」「定期保険」「養老保険」この3つの生命保険についてご紹介しました。この3つの生命保険はキホンとなる保険なので覚えておきましょう。ほかにも「ガン保険」「三大疾病保障保険」「収入保障保険」「個人年金保険」などがあります。これらの保険についての詳しくご説明したいと思います。

 

「ガン保険」について

ガンで入院したり、所定の手術を受けた時に給付金が受け取れます。死亡したときは、死亡保険金が受け取れますが、金額は少ないです。

 

ガン診断給付金や療養給付金が受け取れるタイプのガン保険もあります。ガンの種類によっては、給付金が受け取れない場合もあるので要注意です。ちなみに、定期タイプと終身タイプがあります。

 

「三大疾病保障保険」について

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病を対象とした保険です。保険会社によって「特定疾病保障保険」とは、「特定疾病保険」「重大疾病保障保険」などと呼ばれることもある、日本人の死因のワースト3をカバーする保険です。この病気により、定められた条件になったとき、生きているうちに死亡保険金と同じ額の三大疾病保険金を受け取ることができます。

 

三大疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。この保険金を受け取ることができずに、死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。

 

保険金を受け取れる三大疾病の状態については、それぞれの保険会社や保険商品によって異なりますので、しっかりと保険会社に確認してから契約した方がいいでしょう。

 

≪ガン保険との違いは?≫

三大疾病の中に「ガン」が含まれているということで、「ガン保険」との違いが気になるところですよね。

 

「ガン保険」は、ガンによる入院日数に応じて支給される「入院給付金」と「診断給付金」「在宅療養給付金」などがセットになっているタイプがほとんどです。これに対して、「特定疾病保障保険」は、ガンになった場合に保障金支払いの用件を満たせば、保険金が一括で支払われます。以後は契約がなくなります。

 

そして、「ガン保険」のケースでは、入院の度に請求する必要があります。入院日数に制限はありませんし、何度請求しても保険期間中であれば、保障が継続します。

 

これに対して「特定疾病保障保険」は一度請求すると、まとまった保険金が一度に入ってくるので、闘病中において、お金の心配を気にすることなく治療にはげめるでしょう。

 

 

「収入保障保険」について

「定期保険」の一種で、死亡したあと、契約の時に決めた満期まで年金を受け取ることができます。年金を受け取れる回数は死亡する時期によって変わってきます。たとば、35歳から55歳までの間の期間で年間20万円という内容で保険をかけていたとします。もし、35歳で死亡してしまった場合「年間240万円×20年間=4800万円」の年金を受け取ることができるという計算です。

 

この収入保障保険のメリットは保険料が安いところです。同じ金額が続く定期保険と比べると保険料が安く、更新で保険料が上がるということはありません。

 

保険スタートから間もないころになくなれば、保険期間満了まで時間があるため、保険金を長い期間受け取ることができるので受け取る金額も多くなります。しかし、保険期間満了に近くなった場合は、受け取る期間が短いので、保険金の総額も少なくなっていきます。

 

ふつうは、必要保障額は時間の経過とともに減っていくので、必要保障額を算出した上で加入するのであれば、とても効率的な保険と言えます。

 

「個人年金保険」について

契約時に定められた年齢から、一定の期間(5年、10年、終身など)にわたり年金を受け取ることができる保険です。年金受け取り開始の年齢に達する前に被保険者が死亡した場合は、死亡給付金を受け取ることができますが、金額は少なめです。

 

予定利率が一定の定額個人年金と、運用実績により将来受け取れる年金や死亡給付金が変動する変額個人年金保険というのがあります。

 

変額個人年金保険は、投資信託のような形なので、リスクは高い分、ハイリターンなのも特徴的です。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【生命保険】について > 生命保険の種類(2)
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析