「基礎保障保険」をしっかり持つ!

家を建てるとき、土台がしっかりと建てた家は、地震や災害にも強いです。ちょっとしたことで倒れたり、潰れてしまったりすることはないでしょう。しかし、土台が不安定な家はどうでしょうか?長持ちしないし、すぐに壊れてしまうでしょう。

 

生命保険もこれと同じです。一家の基盤となる生命保険がないと何かあるごとに新規の生命保険に入りなおさなくてはならなくてはいけません。保障内容も分からなくなってしまいます。それにたくさんの保険を管理するのも大変です。また、次に、次にと保険に加入せねばならないので、経済的を考えるともったいないですよね。

 

しっかり持とう「基礎保障保険」!

土台となる保険のことを「基礎保障保険」といいます。あなたが最初にはいる一生涯の中心となる保険のことで、「転換」もしない、「解約」もしない、「更新」もしない、いやする必要もない、とても大切な保険と考えてください。

 

 

目的も理由もなく保険に加入するのは、無駄なお金をドブに捨てるようなものです。ですが、基礎保障保険に関しては、特別な理由がなくとも、しっかりとしたものに入っていれば、その他のものはあとでプラスできます。

 

 

結婚して保障の追加が必要になったとき、子どもが生まれて教育資金を準備したいとき、万が一の緊急資金のため、老後の生活や相続のためなど、、いろいろな場面で保障が必要となったとき、必要な分だけ追加すればいいだけのこと。

 

もし、あなたに、または家族に「基礎保障保険」がないのであれば、今すぐ基礎保障保険を持った方がいいです。この保険がひとつあることで、家族の安心がかならず大きくなると思います。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【生命保険】について > 「基礎保障保険」をしっかり持つ!
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析