女性も「生命保険」必要なの?

「医療保険なら分かるけど、女性でも生命保険って必要なの?」と思っている方もいるのでは?

 

たしかに、少し前までは「一家の大黒柱であるお父さんのみが生命保険に入ればいい」という考えが主流でしたよね。たまに、夫の死亡保障の契約の中に、被保険者として妻が入っているという例も多く、妻が独立して保険に入っているという例はなかなか珍しかったと思います。

 

 

今でも「生命保険は夫のみでよし」と考える女性たちが多かったのですが、今の時代は違います。女性であっても、生命保険が必要か、いらないか、というのは「女性か男性か」というよりも「収入があるか、ないか」「扶養家族がいるか、いないか」の方が重要なポイントになってきます。女性でも立場によって、生命保険が必要なケースがあるのです。

 

独身女性の場合、死んでも保険金を残す必要がないため、生きているときに病気やケガなどの入院に備えて、医療保険を充実にしておけばいいだけのことでした。しかし、結婚して子育て中となればそうはいきません。保険金が必要な場合があります。それは、子どもがまだ幼くて祖父母など、その世話を頼むことができない人の場合です。

 

ベビーシッターや家政婦を頼まなくてはならないので、人件費がそれなりにかかることが予想されるでしょう。その場合、できれば300万円くらいの死亡保障がを用意しておけば、かなり充実していると思います。

 

また、子供がいる共働き夫婦で、夫と共に一家を支えている女性の場合、もしも妻に何かのことがあった場合、家計的に苦しくなることが予想されます。できれば、妻の年収の3〜4倍くらいの死亡保障を用意しておきたいものです。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【生命保険】について > 女性も「生命保険」必要なの?
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析