定期と終身タイプ、どちらがいい?

保険期間には、「定期タイプ」と「終身タイプ」の2タイプがあります。

 

「定期タイプ」について

「定期タイプ」とは、10年、20年とか、60歳、65歳になるまでといった具合に、あらかじめ決まった期間だけ、保障してくれるタイプの保険です。保険期間が満了となると、そのたびに自動更新されていきます。

 

ちなみに自動更新とは、病気になっていてもいなくても、無条件に更新できるもの。更新のときの年齢で、保険料が再計算されるので、年齢に応じて保険料は高くなります。

 

「終身タイプ」について

「終身タイプ」は、保険期間に定めがありません。生きているかぎり保障が続くタイプの保険です。保障期間が一生続くので、月々の保険料は「定期タイプ」よりも割高ですが、年齢による保険料のアップはありません。

 

「終身タイプ」の保険料の支払い方法には、2つの方法があります。1つは、保険期間中ずっと払い続ける「終身払い」と60歳までなど、一定期間に払い込みを終了させる「短期払い」です。

 

「短期払い」の方が保険期間中ずっと払い続ける「終身払い」よりも保険料は高くなりますが、短い期間で払い終えることができるというメリットがあります。

 

結局どっちがいいの?

「定期タイプ」にしろ「終身タイプ」にしろ、メリット、デメリット両方あります。

 

「終身タイプ」なら、保険料はずっと一定です。生きているかぎり保障が続くタイプです。保険内容が同じであれば、「定期タイプ」よりも長所の保険料は割引ですが、年齢による保険料のアップがありません。

 

しかし、定額の入院給付金は、一見安心のように見えて将来の物価の変動に対応しないというリスクもかかえています。この期間内に将来インフレが起こってしまえば、給付の価値は「たったこれだけ?」という事態になってしまうことも考えられるでしょう。

 

 

一方「定期タイプ」は、10年など短い期間で自動更新していくので、物価の変動に心配はないでしょう。しかし、自動更新なのでそのたびに保険料はアップしていきます。年齢を重ねていったときに保険料の支払いが困難になるようであれば困りものです。

 

 

一度保険に加入したからといって「もう安心」と思ってはいけません、ライフスタイル、医療制度、社会環境の変化によって、その都度見直ししていかなくてはならないもの、それが保険というものでしょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【医療保険】について > 定期と終身タイプ、どちらがいい?
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析