単体より「医療特約」がいいの?

終身保険や養老保険、個人年金保険などに付け加える「医療特約」も基本的に民間の医療保険と変わりありません。死亡保障が必要なら、これに「医療特約」をつけておけばいいので、保険の契約も1つですむので、その方が管理しやすくて便利だと思います。

 

 

しかし、もし、「医療特約」を付けた死亡保障がいらなくなったとき、「医療特約」だけ残すというのはできません。なら、民間の医療保険に変えようと思っても、そのときの健康状態によって新しく加入できないこともあるからです。

 

 

死亡保障は、別に「単体」の医療保険に加入しておくことをおススメします。ニーズに応じて、個別に判断できるのでところがおススメ理由ですね。子供が生まれたり、自立したり、貯金がある程度貯まったり、医療保険の制度が変わったり、その都度、保険の見直しは必要になってきますしね。

 

 

ということで、「単体よりも医療特約がいいのか?」と聞かれれば、答えは「ノー」です。医療保険は、「特約」で付けるよりも「単体」で加入しておいたほうが、あとで何かと便利です。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【医療保険】について > 単体より「医療特約」がいいの?
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析