「ガン保険選び」のポイント

「ガン治療はお金がかかる」というのをご存知でしたか?実際にガンの治療には、多額の治療費がかかるので家計にボディーブローのようにきいてきます。

 

ガンは、再発や転移の繰り返しにより、入院日数が長引いたり、繰り返し入院が必要となるケースも。中には健康保険ではきかない治療をすすめられるケースもあるからです。「ガン保険」はこれらの悩みを解決すべきつくられました。では、これから普通の「医療保険」と「ガン保険」の違いを説明したいと思います。

 

(1)加入タイプは『本人型』で

保険に加入する際は、まず”加入タイプ”を決めなくてなりません。ガン保険の加入タイプには、『本人型』『夫婦型』『家族型』の3タイプがあります。

 

保険料のことを考えると『夫婦型』『家族型』の方がお得なので、つい選びがちですが、主たる被保険者である夫が、もし先に亡くなったりした場合、『夫婦型』や『家族型』だと契約が更新することができなくなります。
なので、ガン保険を契約するなら、『本人型』の方がいいです。

 

 

(2)すべてのガンに対応できるものを!

同じ保険会社であっても保険プランによって「ガン」の保障対象が異なります。悪性新生物のみの保障で、上皮内新生物(初期ガン)には保障がされないものがあるのです。そして、上皮内新生物(初期ガン)が保障されたとしても、悪性新生物に比べて保障は少ないことがほとんどでしょう。

 

上皮内新生物(初期ガン)であってもガン治療は必要です。すべてのガンが保障の対象となっているガン保険を選ぶようにしてください。

 

(3)ガン診断給付金は何度でも受けれるものを!

ガン保険では、ガン診断給付金が支給されます。これは、ほとんどの保険会社のプランに入っています。しかし、始めてガンと診断されたときだけ支給されるタイプと、何度でも制限なく受け取れるタイプのものがあります。

 

ガンの特徴は、再発や転移というリスクが付きまとうところです。ガン診断給付金が何度でも受け取れるプランを選んでおいた方が絶対に安心です。

 

(4)ガンと診断されただけで給付金がもらえるものを!

保険会社によってガン診断給付金を受け取れるタイミングはまちまちです。「ガンと診断されただけで支給される」「ガンと診断されたあと、ガン治療を目的として手術することが条件である」「ガンと診断確定したあとがん治療のために入院することが条件である」など、ガン診断給付金を受け取るタイミングはいろいろあります。

 

しかし、いろいろありますが、『がん』と診断されただけで支給されるものが一番いいですよね。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 【医療保険】について > 「ガン保険選び」のポイント
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析