「学資保険」で貯めよう

「学資保険」ってどんなもの?

子供が生まれたら、すぐに考えたいのが、将来かかる子供の教育資金です。
教育資金のためかた、いろいろありますよね。でも、やっぱりすぐに頭に浮かぶのが、「学資保険」という選択です。

 

「学資保険」とは、おもに大学時代にかかる教育資金を計画的に準備するために加入する保険のこと。

 

月払いや年払いなどで保険料を払い、中学、高校などの進学時にお祝い金を、17歳、18歳の満期時に満額保険金を受け取ることができるものです。

 

もし、契約者(父あるいは母)が亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除されて、お祝い金や保険金は、当初のとおり受け取ることができるんですよ。

 

つまり、「学資保険」とは 「学習資金の積立+生命保険」みたいなものです。

 

「学資保険」がおススメな人

かつては教育資金の王道だった「学資保険」ですが、最近では利回りが低下したことによって、定期て積み立てたり、投資信託など、ほかの金融商品で運用しながら、教育資金を貯めている方も多いみたいです。

 

教育資金の貯め方に決まりはないので、それも一つのよい選択だと思います。

 

 

しかし、預貯金のみの積み立てなどは、要注意! かんたんにお金を降ろすことができるからです。たとえば、マイホームの頭金や車の買い替えなどの費用のため、子供名義の貯蓄であっても、どうしても必要であれば手をつけてしまうことも考えられます。

 

そんな心配がある人は、解約のしにくい「学資保険」に加入しておくのも一つの手です。「学資保険」に途中で解約する人はめったいいません。継続率はかなり高いものがあるようです。「貯金が苦手、子供のための貯金をほかの何かに使ってしまうかもしれない・・・」という不安があるなら、学資保険に加入しておくという方法もありでしょう。

 

学資保険であれば、継続率が高いので 貯金が苦手な人にはもってこいの方法です。

 

「学資保険」はどこがいい?

「学資保険」というとつい郵便局の学資保険が、昔はポピュラーでした。 もしかしたら、自分たちが子供の頃かけていた学資保険はこれだったという人も案外多いのではないでしょうか?しかし、最近の契約では元割れをするケースがあり、残念ですがおススメできません。

 

 

子ども保険で教育資金を貯めることにポイントを当てるなら、子ども保険は元割れのない「払った保険料」より、「受け取る学資金」が多いタイプを選ぶことです。

 

返戻率(※1)が、「110」であれば、払った保険料より1割多いお金が、満期金として受け取ることができます。「100」を切ってしまうと、元本割れです。(※1) 返戻率とは支払った保険料に対して受け取れる学資金の割合。

 

 

ちなみに「110」を超えている貯蓄性の高い「学資保険」はいくつかあります。
その中で、管理人の私が加入しているのが【ソニー生命の学資保険】です。

 

利回りがいいので貯蓄性に優れています。契約内容がシンプルなので、保障内容に無駄がなく必要な保障のみとなっています。また、学資金額や受取時期など、細かく設定できるのも【ソニー生命の学資保険】を選んだ理由です。

 

http://www.sonylife.co.jp/gakushi/index.html

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 子供の教育資金づくり > 「学資保険」で貯めよう
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析