「低解約返戻型」の終身保険で貯める

子どもが生まれたら「学資保険」に加入もいいですが、もっと利回りがよく保障が充実している保険もあります。「低解約返戻金型」の終身保険です。死亡保障の保険に世帯主が入り、その解約返戻金を教育資金にあてるという方法です。

 

 

通常の保険よりも保険料が安いにも関わらず、返戻率がとても高く設定されています。利回りの水準が110以上の場合もあります。

 

たとえば、30代の男性の場合、終身保障として300万円、支払期間を15年としました。
月々の保険料は1万円です。15年間の保険料を払終わり、3年後の18年後に解約した場合、返戻金は、200万円にもなっていました。

 

18年間での払込額は180万円なので、20万以上も得したことになりますよね。利回りでいうと110以上です。これは普通の貯金ではなかなか今実現できないでしょう。

 

 

もともと子供が独立するまで、親にはそれなりの死亡保障が必要です。この死亡保障の確保と子供の教育資金づくりをかねた合理的な手段といえるのではないでしょうか。そういう意味で、メリットはかなり高いです。

 

ちなみに、被保険者は、親にも子供にも設定できます。しかし、親を被保険者にする方が戻る率は高くなります。また、死亡保障として考えるなら、子どもより親を対象にしておく方が絶対に現実的です。

 

この「低解約返戻金」の終身保険が向いている人は、保険料払込期間中には絶対に解約しない人。学資金として解約する時期を自分で管理できる人です。払込期間中の返戻金はとても低く設定されていますので、かなり損をすることになります。これさえ、注意すればいいでしょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 子供の教育資金づくり > 「低解約返戻型」の終身保険で貯める
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析