結婚した後の保険の見直し法

結婚したら見直す

結婚したら、保険を見直しましょう。まず、夫婦の保障で最も重視したいのが、やはり世帯主が亡くなる事態に備える死亡保障です。「病気やケガに備えた医療保障は大事!」ということを耳にするかと思いますが、医療保障よりも死亡保障を優先するべきです。というのは、いざというときに必要になる金額は、医療保険は何十万ですむことが多いですが、死亡保障は何千万円単位となります。まずは、必要な死亡保障額を確保してから、医療保障を検討すればいい、という感じで進めていったほうがいいでしょう。

 

 

「生命保険」に加入しよう

当然、妻より夫の方が多めの死亡保障額をつけるわけですが、夫にはどれくらいの保障額をつけたらいいのでしょうか?

 

それは、妻が専業主婦か、仕事を持っているか、によって違ってきます。ただ、夫に万が一のことがあったら、そのまま家に居続けることは考えられませんので(当然仕事を始める)妻が働くという前提で、夫の死亡保障額を決定した方がいいでしょう。

 

死亡保険金の受取りの変更

また、独身時代からずっと死亡保障に入っている人は、死亡保険金受取人の変更手続きを忘れないようにしてください。変更せずにいると、保険金は親に支払われ、妻や子供にはお金が入らず生活が苦しくなるという事態が想像されます。しっかりと変更手続きを済ませておいてくださいね。

 

妻も「医療保険」へ加入

つい後回しにされてしまうのが妻の医療保険ですが、どうせ入るなら早めに加入しておいた方がいいでしょう。といのも、妊娠が分かってkら医療保険を契約しても、お妊娠や出産に関わる部分が保険対象外になってしまう保険がとても多いからです。

 

切迫早産、切迫流産、帝王切開などになる確率は意外と高いです。思った以上に長期乳井にになってお金がかかってしまったということも珍しくありません。というわけで同じ医療保険に入るなら、妊娠が分かる前の段階で加入しておくと安心ですよね。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険についてのQ&A > 結婚した後の保険の見直し法
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析