子どもが生まれた後の見直し法

一生において一番しっかりと生命保険を見直したい時期があります。それは、子供が生まれた時です。

 

結婚したタイミングも確かに保険の見直し時期ですよね。しかし、夫に先立たれても、妻は働きにでることができます。しかし、子供が生まれてしまうと事態は深刻になります。残念ですが、公的保障の額はそれほど手厚くでないからです。

 

公的保障のみでは足りない。生命保険を考えよう。

遺族基礎年金は、妻と子供の1人の場合、子どもが18歳になるまで年間で102万円です。夫がサラリーマンであれば上乗せされる遺族厚生年金は、平均標準報酬が30万の人では、年間30〜50万程度のイメージと思ってください。あとは、死亡退職金と貯金を切り崩す生活になっていきます。

 

しかし、子どもがまだ幼い場合、妻が働きにでるのはとても難しいでしょう。子供がいない状態で働きにでる場合に比べて、長時間働くことはできないです。

 

このように夫にもしものことがあったら、残された妻子は非常に生活していくのが困難になることが予想されます。では、いくらの生命保険に加入すると適切なのでしょうか?

 

それは、その人の収入、貯蓄、死亡退職金の額、支出、暮らし方、妻の働き方、子供の進路などによって、違ってきますので一概にこれくらいなら大丈夫とはいえないのが現実です。一般的な目安ではなく、自分の家庭の場合はどうなのか、しっかりと資産して契約することがよいでしょう。

 

「子ども保険」「学資保険」に加入しよう

まず、子供が生まれたらすぐに考えたいのが、「子ども保険」「学資保険」です。子供の教育資金づくりとして昔から人気の商品です。

 

「子ども保険」「学資保険」に加入する際に気をつけたいのが、「返戻率」です。元本割れすることなく、返戻率が納得のいくものであるか、ほかの金融商品の利回りとしてどうなのか、何のために利用したいのか、明確にしたうえで、活用するといいでしょう。

 

そして、契約者である親がなくなった場合に、どのようなお金が受け取れるかという確認は重要です。契約者の死亡時に学資金などを受け取れるプランの場合、そのお金は夫の死亡保障の生命保険と同じ扱いになります。

 

たとえば、夫が契約するべき生命保険の適正額が3000万だったとします。そのあとに子ども保険を検討する場合、子ども保険からの学資金を400万受け取れるなら、生命保険は2600万でいいでしょう。

関連記事

保険のキホン

保険会社の選び方

【生命保険】について

【医療保険】について

子供の教育資金づくり

保険についてのQ&A

最新記事

 
保険の選び方.jp > 保険についてのQ&A > 子どもが生まれた後の見直し法
Copyright  保険の選び方.jp  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析